HOME > ブランド情報 > アラン・シルベスタイン(Alain Silberstein) > アラン・シルベスタイン 2008年新作のご紹介
アラン・シルベスタイン(Alain Silberstein)

アラン・シルベスタイン 2008年新作のご紹介

アラン・シルベスタインは昨年で創業20周年を迎え、これを機に今年よりバーゼルフェアへの 出展を止め、アラン氏自身が各国に赴いて独自に新作の発表を行うことになりました。
このような方式に変更したのは、独立時計師たる彼を取り巻く環境の変化が大きく関係しているようです。彼はインタビューの中で次のように語っています。

「昨今メガ・ブランドがメインになっているバーゼル・フェアは、アルチザン的なインデペンデントブランドにとって居心地のいい環境ではなくなってしまったのです。私個人としては、自分自身と掛け離れた姿でブースに座ってあわただしく質問に答え続けることに違和感を覚えますし、会場にはびこる”新しいもの症候群”によって毎年の製作に義務感が伴うようになりました。しかも会期中はゆっくりと新作に関してご説明したいのに、ジュネーブサロンの開催期間によってエディターや顧客が大移動を行うので十分な時間が取れなくなってしまいました。このような居心地の悪い状況の中で自分の仕事のクオリティを落としたくないという思いが、バーゼル・ワールド出展を取り止めた一番の理由です」と。
「2008年のアラン・シルベスタイン新作コレクションの概要」は以下の通りです。
1, 2005年〜2008年までのモデルの集大成コレクションです。
2, チタンケースの既存モデルにブラックとブロンズのPVD加工(物理的蒸着法)を施した「ブラックコレクション」と「ブロンズコレクション」がメインとなります。
◆今年発表したチタン・コレクションのPVD加工は、これまでのPVD加工と比較すると一味違います。このチタンケースは一回ポリッシュした後にブラッシュ仕上げを施し、その上に改善したPVD加工を施します。そして、チタンケース上のPVDは小さな傷をつきにくくして耐久性を増すことが可能で、さらにじかんの経過とともにメタル素材の風合いの変化”エイジング・フィニッシュ”(使い込み加工)が楽しめます。
◆昨今、時計の価格が急激に高騰し、アラン・シルベスタインの時計もその例外ではありませんが、非常に難しい技術と手間ひまに多大の時間を費やすため、価格に見合うクオリティが得られているのではと思われます。
2008年新作コレクション
1, ブラックコレクション
BLACKMARINE KRONO BLACKMARINE KRONO
BLACKMARINE KRONO
(ブラックマリン・クロノ)
BLACKMARINE KRONO
(ブラックマリン・クロノ)
MARINE SMILEDAY BLACKKRONO B2
MARINE SMILEDAY
(マリン・スマイルデイ)
BLACKKRONO B2
(ブラッククロノB2)
MARINE SMILEDAY MARINE SMILEDAY
BLACKBASIK
(ブラックベーシック)
BLACKALARM
(ブラッカラーム)
2, ブロンズコレクション
BRONZEKRONO B2 BRONZEBASIK
BRONZEKRONO B2(ブロンズクロノB2) BRONZEBASIK(ブロンズベーシック)
BRONZEALARM  
BRONZEALARM (ブロンザラーム)  
3, ベーシックのニューモデル
BASIK WINNER BASIK WINNER BASIK WINNER(ベーシック・ウィナー)
★オリンピックイヤーを記念し、金+緑の月桂樹冠模様をクリスタルに施しています。
BASIK WINNER BASIK VALENTINE BASIK VALENTINE(ベーシック・バレンタイン)
★天使が矢を放つ姿の装飾をクリスタルに施し、文字盤に見事に射抜かれ割れてしまったハートをレーザープリントで描いた大変キュートなモデル。