HOME > ブランド情報 > アラン・シルベスタイン(Alain Silberstein) > ALAN SILBERSTEIN−BLACK HISTORY
アラン・シルベスタイン(Alain Silberstein)

ALAN SILBERSTEIN−BLACK HISTORY


アラン・シルベスタイン【Les Sept Visages スマイルデイフェア】

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【1987 KRONO HAND】
1987年のデビュー作。 クラシックな薄型デザインのクォーツ時計が主流であった当時、時計業界では単なる突飛なデザイン時計として受け止められ異端視された。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【1991 KRONO 2 PVD】
1989年よりステンレス・スティールをケースに用い、1991年に既にブラックPVD仕上げを施していた。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【1993 LE PERPETUEL MARINE】
初のマリンタイプが発表されたのは1993年。このパーペチュアルカレンダー搭載モデルのほかに、スプリットセコンドクロノグラフ搭載モデル、 クロノグラフモデルの3種がすべてブラックのケースで発表された。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【1997 ARKITEK】
10周年を迎えた1997年版アーキテック。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【1998 KRONO B GUMMY】
ブラックの特殊なラバーをケースに巻きつけたモデル。これを開発するにあたり長い時間を要したことを振り返り、 「クロノグラフの新しいスタート」とシルベスタイン氏は語る。また、ラバーの「エモーショナルな感触が好きだ」とのこと。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【2004 KRONO BAUHAUS TITANIUM PVD】
2004年には肌に優しく、硬質で、軽量なチタンケースにさらに傷をつきにくくするPVD仕上げを施したケースの時計を発表。 マットな質感となっている。(完売)

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【2005 KRONO BAUHAUS 2 BLACK LIGHT】
2005年はアラン・シルベスタインにとって革新的な年。ケースを彫り、ラッカーを流し込み、焼成後ポリッシュという凝った手順により、 ケースに多色使いのカラーリングを実現したからです。ここでもBlack Lightという名称の黒一色のカラーリングが登場。

ROND SMILEDAY DOTS(ロンド・スマイルデイ・ドッツ) 【2007 TOURBILLON BLACK ARROW】
2007年の20周年記念トゥールビヨン。チタンの素材そのものから出る色とブラックのコーディネイトが印象的。 トゥールビヨンのブリッジを黒い矢の形にし、デビュー当時から目指してきた製作上の哲学はずっと同じであり、 今後も同様にまい進していく意思をそこに込めたという。