HOME > ブランド情報 > ジラール・ペルゴ (Girard Perregaux)
ジラール・ペルゴ (Girard Perregaux)

1791年に創業、世界で4番目に古い時計ブランド「ジラール・ペルゴ」は、スイスでも数少ないマニファクチュール(※)の一つとして抜群の存在感を示しています。ムーブメントはもちろん完全自社製です。 ジラール・ペルゴが日本に紹介されたのは江戸時代幕末まで遡ります。当時、横浜の外国人居留区でジラール・ペルゴ創設者の弟・フランソワ・ペルゴにより日本で初めてのスイス時計としてその輸入が始まったのです。日本に最もゆかりのあるこのブランドは、その歴史の中で数々の名作を生み出してきました。
ジラール・ペルゴが得意とするのは複雑機構を備えたコンプリケーションウォッチです。中でも150年近い歴史を持つスリーゴールドブリッジ・トゥールビヨンはブランドの象徴であり、スイス時計の歴史の中でも改良を加えながらこれほど長く製造され続けられたモデルは極めて稀でしょう。 もう一つの代表作「ヴィンテージ1945」は、ジラール・ペルゴ永遠の名作です。1945年、アール・デコの影響を強く受け作られたこの美しい角型ケースは、今日に至るまでジラール・ペルゴの顔でありスイス時計を代表するフォルムです。
他にも、ww.tc(ワールドワイド・タイムコントロール)、1966コレクション、キャッツアイ、リシュビルコレクション、スポーツ系のロレアート、シーホークコレクションと魅力溢れるラインナップです。

(※)マニファクチュールとは 時計作りにおいて、外部部品とその「心臓」であるムーブメントの両方の定義、デザイン、開発、製造における統合 的なアプローチができる会社をいいます。


トピックス情報